ブッククロッシングとウガンダとチャボ! (No Book,No Life!世界中を図書館に!)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加してます
ランキングの順位は、各バナーから見れます!!
 
 ↓TOP10入り!?↓       ↓参加中!!↓        ↓ポチっとな!!↓ 
           人気ブログランキングへ         にほんブログ村 本ブログへ
                      メインページへRunningBook33.gif
Read and Release at BookCrossing.com... すばらしい本に出会ったら!! Let's BookCrossing!!
                 
    --:-- | Top

ブッククロッシング(BookCrossing)したい本orチャボ(Chabo!)本


シネマクロッシング3.2

★読む目的 !
残業を減らす方法を見つける!

★読書方法
並列読書

★メインブランチ
『はじめに』 『ライフ』 『ワーク』 『おわりに』 

★INPUT  
 ・限られた時間内の中で仕事をうまく回すためには、『その人でなければできない仕事』を、どんどん減らす。チーム単位で見れば、仕事が属人化するほどリスクは高まる。リスク回避策を取った上で、メンバーを信じ任せる。  
 
 ・高い人件費を賄いながら利益を出し続けるには、アイデアと創造性によって付加価値の高い商品やサービスを生み出していく必要あり。付加価値の源となるのが、仕事以外の場における体験や情報収集、人脈である。『ライフ』の場でのインプットが『ワーク』の場でのアウトプットに不可欠。  
 
 ・相手を嫌う感情こそ、コミュニケーション不足をもたらす一番の原因。心理的な問題が仕事の能率を下げる。マネジャーが働きかけて、メンバーがリラックスして仕事をできる雰囲気を作る必要あり。自分から挨拶し、折につけ自分自身のこと話し、調子を聞き出し、チームの情報を積極的に共有する。  
 
 ・マルチ担当制:①一人が複数業務を担当する②1つの業務に複数の担当者(メインとサブ)をつける。複数の担当者が業務の現状を把握することで、休んでも『誰も状況がわからない』といった事態を防ぐことができる。その他、問題解決・意思決定が迅速になる。  
 
 ・ドミノ人事:長期休業した場合、その下の職位から能力のある希望者を選び、今と同じ待遇のままで上の職位の仕事を担当させる。その希望者の仕事はさらに下のメンバーが担当して、ドミノ倒しのように、1つ上の職位に期間限定でチャレンジする。一番下のメンバーの仕事は引き継ぐ人がいないので、職場全体で見直す必要がある。ここで、やらなくてもいい仕事や、外部に委託すべき仕事を見つけることができる。迷惑がられる長期休暇を、キャリアアップのチャンスと位置づける。

★ウガンダの感想  
 『朝メール』『カエル会議』などこの本には、残業を減らすための色々なツールが書かれています。後は、どれだけ実践できるかが問題。ほんま残業減らしたいです!8時半に家を出て、23時に帰宅する。かれこれ何年同じ生活を続けてるのやら・・・。

★一言で言うなら  
『ライフを重視することで、ワークの生産性を上げる!』

★OUTPUT  
 ・朝の出社時には、優先順位をつけた一日の予定を頭に入れる。所定時間内にどのように業務を終わらせるかを真剣に考え、行動する。夕方からは仕事を追い込み、18時には笑顔で帰る。  
 
 ・チームの評価ポイントに、『人を育て合うこと』を組み込む。成果を上げるときに『誰の情報提供やサポートを受けたか』を明確にする。 人に教え、教えた人が育つと自分がどれだけ楽になるか。これを早い時期から実感させることで、チーム内に『お互いを育て合う』という雰囲気を作る。  
 自分の『ほめワード』を持つ:『すごい!』『助かった!』『期待している!』『ありがとう!』
 
 ・お金以外の働く報酬について考える。自分のやったことが周囲から感謝され、それによって自分が成長していると感じさせることが重要。自分の成長がチームの成果や会社の成長に、つながっていると実感・体験させる。  
 

 ・スキマ面談の時間を設ける。メンバー間で『評価ややり方に不満がある』という場合、原因は『評価面談の時間が短すぎる』とうケースが多い。気の利いたアドバイスをするのではなく、面談の目的はメンバーの課題や思いを聞き出すとこと。  
 
 ・チーム改革を行うには時間と手間、情熱が必要。何のために行うのか、理由が理解できないと、メンバーは負担感が募らせることになりがち。

★BookCrossingしたい度  
『★★★☆☆』

★関連本・紹介されてる本


ブログランキングに参加してます
ランキングの順位は、各バナーから見れます!!
 
 ↓TOP10入り!?↓       ↓参加中!!↓        ↓ポチっとな!!↓ 
           人気ブログランキングへ         にほんブログ村 本ブログへ
                      メインページへRunningBook33.gif
Read and Release at BookCrossing.com... すばらしい本に出会ったら!! Let's BookCrossing!!
スポンサーサイト
                 
    10:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ブッククロッシング(BookCrossing)したい本orチャボ(Chabo!)本


シネマクロッシング3.2

★読む目的 !
風水について学ぶ!

★読書方法
並列読書

★メインブランチ
『はじめに』 『方位』 『色』 『おわりに』 

★INPUT  
 ・風水は一言で表現するなら『環境心理学』。自分の身の回りの環境を整えることで心理が変わり、それによって運気も変わっていく。部屋を奇麗に片付け、太陽の光が差し込むようになれば、心の中まで明るくなり前向きになる。そして、運気も好転していく。  
 
 ・『占い』は運命や未来を占うもの。『風水』は運命を変え、幸せな未来を手に入れるためのもの。そのために方位や色、アイテムなどによって、環境を改善していく。どんなに環境を整えても、心理が変わらなければ、気の流れは変わらないことの注意。  
 
 ・『四神相応』:東西南北の各方位を4つの聖獣(青龍、白虎、朱雀、玄武)に例えたもので、風水でいう理想の地相を示している。東に川が流れ、西に大きな道、南にくぼ地、北に山。
 『龍脈』(エネルギーの通り道)『龍穴』(エネルギーが集まる場所)で、風水では『龍』は重要な存在。龍のパワーを見方につけられるかどうかが、風水成功のポイント。  
 
 ・陰陽五行説:万物は『木・火・土・金・水』(五行)の5つの要素に分類され、『明・暗』『男・女』(陰陽)のように相対する性質が互いに支え合う。五行と陰陽の考え方を組み合わせて環境を整え、運を開いていく。五行には相性がある。互いを生かしつつ運を上げる関係を『相生』、対立して運を下げる関係を『相剋』という。人の五行は『本命卦』で見る。本命卦とは、人の存在的適性を表す八卦(自然界、人事界の現象を象徴する易)で、生年月日によって決まる。  
 
 ・気の相生:木は火で燃える。火は木を燃料としてさらに燃える。燃え尽きた日は灰となって土を肥す。土は火を中和し、地熱が高まる。土の奥深くから金属や鉱物が生み出される。風水の法則により金は水と交わると豊かさが増える。水は木や花を大きく育てる。  
 気の相剋:土の栄養分を気が吸い取り、土はやせこける。火は熱で金属を溶かしてしまう。土は水が入ると湿気を帯び、濁ってします。金物は木を切り倒し、その命を奪う。水と火は正反対の物質なので、陰陽のバランスを崩してしまう。相剋を避けて、相生をめざすのが一番。     

★ウガンダの感想  
 メルマガに書きました!

★一言で言うなら  
『風水は環境心理学!』

★OUTPUT  
 ・掃除と整理整頓をまめにする。風水で環境を整えることで、よい気を呼び込み、悪い気を防ぐ。その最も簡単な方法が、掃除と整理整頓。汚い、臭い、暗いの3Kは悪い気をためこむ一番の原因になる。良い気を呼び込むためには、身の回りをきれいにすくことから心がける。  
 
 ・本命卦覚える乾(けん)・兌(だ)・離(り)・震(しん)・巽(そん)・坎(かん)・坤(こん)・艮(ごん)。 震・巽は『木』、離は『火』、坤・艮は『土』、乾・兌は『金』、坎は『水』に分類。
 八方位覚える風水では、八方位に八卦の意味を割り当て、様々な事柄を謎解いていく。四吉方位:①生気(最大吉):エネルギーの方位②天医(大吉):癒しの方位③延年(中吉):繁栄の方位④伏位(小吉):安らぎの方位。四凶方位:①絶命(最大凶):死の方位②五鬼(大凶):霊魂の方位③六殺(中凶):公開の方位④禍害(小凶):怪我の方位  東四命(離震巽坎)西四命(坤艮乾兌)
 
 ・パワーストーンを活用:恋愛に消極的な人には、『ローズクオーツ』。思い込みが強い人は、『アメジスト』で冷静さを取り戻す。外見的に自信を持ちたい人は、『グリーンメノウ』で魅力を引き出す。
 本命卦別ラッキーカラー:坎は黒、白、シルバー。離は赤、ピンク、紫。震と巽は青、緑。乾と兌は白、シルバー。坤と艮は黄、茶系。ブレスレットは必ず左手に(気の入り口は左手。出口は右手)。  
 
 ・幸せになる人となれない人の違いを知る:違いの原因は『気』と『機』にある。『気』とはその人が持っているパワー。『機』はタイミング。この2つを味方につけると幸運の女神はほほ笑む。風水では人生の『機』は9年ごとにくる。すなわち9歳、18歳、27歳、36歳、45歳、54歳・・・。これらの年齢を基準にし、その前後3年間で目標を定め、行動していくとよい。ちなみに結婚は春が◎冬は×。  
 
 ・玄関と水回りを奇麗にする。玄関は家の出入口だけでなく、『お金の気』の入り口でもある。明るく奇麗に保つ必要あり。それと、金回りと水回りは深い関係がある。水は流れる性質を持っている。よって、キッチンや風呂場に、水を溜めたままにしておくのはNG。使い終わったらすぐに流すこと。

★BookCrossingしたい度  
『★★★☆☆』

★関連本・紹介されてる本


ブログランキングに参加してます
ランキングの順位は、各バナーから見れます!!
 
 ↓TOP10入り!?↓       ↓参加中!!↓        ↓ポチっとな!!↓ 
           人気ブログランキングへ         にほんブログ村 本ブログへ
                      メインページへRunningBook33.gif
Read and Release at BookCrossing.com... すばらしい本に出会ったら!! Let's BookCrossing!!
                 
    10:00 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

ブッククロッシング(BookCrossing)したい本orチャボ(Chabo!)本


シネマクロッシング3.2

★読む目的 !
自分に合った勉強法の再確認!

★読書方法
並列読書

★メインブランチ
『はじめに』 『理解型』 『暗記型』 『おわりに』 

★INPUT  
 ・性格の違いが勉強スタイルの違いを生んでいる。理解しないと先に進めない人もいれば、暗記で乗り切る人もいる。唯一絶対的な勉強法というのない(理解が伴わないのは勉強じゃない!や、勉強とは暗記だ!など)。自分に合わない勉強法を、真似しても苦労するだけ。  
 
 ・勉強法の違いが顕著に目につくのは、『暗記型』と『理解型』。『暗記して、好成績を取る喜び』がほしい人は『暗記型』。『勉強して、そのことから何らかを理解したり知ったりすることに喜びを見出す』なら『理解型』。勉強法が有効かどうかは、能力のほかに性格も影響。『好奇心』なのか『目的達成』なのか。(理解型と暗記型は勉強法。好奇心型と目的型は動機付け)  
 
 ・何歳までは『暗記向きの脳』だが、思春期ごろからは『理解向き』に変わる。人が違えば頭の構造も違う。また、年代が違えば構造も変わるし、教育次第で脳の構造は変化する。  
 
 ・理解型は、暗記を最小限に留める。ベースとなる部分を覚え、そこからは『方法論』で知識の不足を補う(理論で知識を導き出す)。どのような構造で、どのような意味を持っているか理解する必要あり。理解できないと頭に残らない。そして、先に進めなくなる。  
 
 ・暗記は苦しくない。覚えることは、考えることに比べ、誰にでもできる。苦しまずにできるが、疲れる。不安心理は暗記に向かない。不安や焦燥感は、脳が記憶するのに、決してよい状態ではない(強いストレスは、記憶に有害)。暗記で大切なのは、自信と勝算。   

★ウガンダの感想  
 最近勉強をしてて感じてました。理解派や暗記派みたいにどちらかに偏ると、すごい限界があるなぁ~と。暗記できないところは、やっぱ理解が必要ですね。単に回数だけの問題かなと、割り切ってたのですが・・・。

★一言で言うなら  
『タイプ別勉強法!』

★OUTPUT  
 ・どんな方法であれ、とりあえず試してみる。自分に合っているかどうか、敏感になり見極める。
 
 ・自問自答する。満足はその行為でしか得れない(内発型=好奇心)のか、満足はその行為以外でも得られる(外発型=目的達成型)か。好奇心で勉強する場合は、ある程度の時間を確保する必要あり。時間を忘れてしまうので、切り上げる時間設定も忘れずに。目的達成型はにとっては、勉強は目的でなく手段。目的は徹底的にクリアーにする必要あり。    
 
 ・学んだことは、とにかく復習する。暗記で最も重要なのは復習。予習:復習の割合は1:9。3度繰り返して記憶した内容は、1週間前後が経過しても、8割以上の内容を思い出すことができる。  
 
 ・先行投資型勉強法でいく。損失回避(得をしたいよりも、損をしたくない気持ち)を利用し、先行投資をたくさんする。『勉強しない』という選択が、精神的に苦痛になる仕組みを作る。  
 
 ・没頭する。人間の脳は、何か新しい知識を仕入れたり、大きくものの見方を変えるとき、ニューロンの組み合わせや情報処理の流れが、実質的に変化する。ころを『脳は可塑性を備える』という。『可塑性』が発揮せれ、脳が変化を起こす時には、高いレベルでの『没頭』が必要。

★BookCrossingしたい度  
『★★★☆☆』

★関連本・紹介されてる本


ブログランキングに参加してます
ランキングの順位は、各バナーから見れます!!
 
 ↓TOP10入り!?↓       ↓参加中!!↓        ↓ポチっとな!!↓ 
           人気ブログランキングへ         にほんブログ村 本ブログへ
                      メインページへRunningBook33.gif
Read and Release at BookCrossing.com... すばらしい本に出会ったら!! Let's BookCrossing!!
                 
    10:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

Bitte Institut

Author:Bitte Institut
『ブッククロッシング』を知ってますか??

ブッククロッシングとは『世界中を図書館に!』を合言葉に『本』を『旅』させる活動です!!

自分はブッククロッシングの活動を通して『ウガンダ』を探してます!!

『ウガンダ』に関する情報をお持ちの人は、是非ともご連絡を!!

カテゴリー
R+
ブログランキング!!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
↑参加してます♪↑ RunningBook33.gif
ブッククロッシング・ジャパン
お勧め本!!
ウガン棚(Booklog)


リンク(BookCrossing&本つながり)
友達の応援お願いします
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2009年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


お気軽にどうぞ!!
『bitteinstitut☆gmail.com』までどうぞ(☆は@に変換です)!※このサイトはリンクフリーです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。