ブッククロッシングとウガンダとチャボ! (No Book,No Life!世界中を図書館に!)

意外とカエルはおいしい!


シネマクロッシング3.2
~ブッククロッシング(BookCrossing)したい本orチャボ(Chabo!)本~


ブライアン トレーシー
Amazonランキング:14904位
Amazonおすすめ度:


★読む目的 !
カエルの食べ方を学ぶ!

★メインブランチ
『はじめに』 『カエル』 『優先順位』 『おわりに』 

★INPUT  
 ・朝一に生きたカエルを食べれば、その日の最悪事はもう終わり、安心して過ごすことができる。カエルとは、最も難しく重要な仕事で、今やらなければどんどん後回しになってしまうもののこと。実は、大いにプラスになる仕事でもある。  
 
 ・高い成果を上げるカギは、朝一番に大事な仕事に取り組む習慣をつけること。昇進・昇給を得る人の共通点は、行動志向。その他、自分にとって重要な仕事に邁進し、やりとおすまでわき目もふらず着実に仕事をする人。一日の中で最大の力が発揮できる時間は限られている。十分な睡眠をとったあとの朝の時間帯。  
 
 ・多くの人が物事を完成までこぎつけようとしない。人生の成功の95%は、いかにうまく時間を使うにかかっている。物事を成就すると、脳内にエンドルフィンが放出される。そして気分は高揚し、いっそう創造的になり、自信を深めさせる。ポジティブ中毒になるのが、成功の秘訣。   
 
 ・目標をはっきりと書き表すことができる人は、わずか3%ほどしかいない。書きだせる人は、同等かそれ以上の教育や能力はあるが、書き表すことができない人より、5倍も10倍も多くの仕事をやり遂げることができる。また、人の指図なしにやれる人は2%しかいない。成功者は、自分で自分を追い込むが、成功しない人は、他人に追い込まれないと何もできない。  
 
 ・考え深い人とは、自分が何をしたら、またはしなかったら、どうなるかを正確に予測できる人。時間に対する考え方によって、行動と選択は大きく変わる。将来を見据えることで、現在の行動に影響を与え、行動が決まることも多い。どの行動・選択が自分の人生によい影響を与えるか自問すべき。優れた仕事するには、何を身につけなければならないか、見極めなければならない。    

★ウガンダの感想  
 夏休みの宿題と一緒で、溜めずにすぐやると達成感や、安心感が満たされ有意義に過ごせますよ!自分は毎度ギリギリまで溜めて、肉体・精神的にもアップアップになるタイプですが・・・。

★一言で言うなら  
『オタマジャクシに気を取られない!』

★OUTPUT  
 ・もし二匹のカエルを食べなければならないときは、醜いほうから食べる:重要な仕事が2つあれば、難しく大変なほうからやるということ。すぐにとりかかり、やり遂げるまでほかのことには、手をださないこと。  
 
 ・的を絞り集中する習慣を身につける:その為には『決断』『訓練』『確固たる意志』が必要。
 『10対90のルール』実践前もって仕事の計画を立てるのに10%の時間を費やせば、実行する際には90%の時間が節約できる。

 ・自分がすべきことを明確化する:順序、理由があいまいで、不明確で考えが決まっていないことが、グズグズする一番の原因。目標を達成するには①書き出す②期限を設ける③やるべきことをリスト化④リストをもとに計画化⑤計画を行動に移す⑥毎日、目標に近づく何かをする  
 
 ・能率の法則理解:すべてのことをするだけの時間はないが、最も重要なことをする時間は十分にある。 成功の一番の秘訣は、専念すること。すべてのエネルギーを一点に注ぎ、よそ見せずにまっしぐらに、それに向かうこと。
 
 ・自分で自分のチアリーダーになる:感情は、前向きなものでも悲観的なものでも、その95%は自分にどう言い聞かせるかによって決まる。人の言動や行動、周囲の状況に対し前向きになる。困難や挫折によって気分や感情を左右されないようにする。80%の人は、他人の問題など気にかけていない。残りの20%の人は、自分のことを第一に考えてほしいと思っている。

★ブッククロッシング(BookCrossing)したい度  
『★★★☆☆』


ブログランキングに参加してます
ランキングの順位は、各バナーから見れます!!
 
 ↓TOP10入り!?↓       ↓参加中!!↓        ↓ポチっとな!!↓ 
           人気ブログランキングへ         にほんブログ村 本ブログへ
                      メインページへRunningBook33.gif
Read and Release at BookCrossing.com... すばらしい本に出会ったら!! Let's BookCrossing!!
                 
    01:07 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

Last Day !!


シネマクロッシング3.2         NPO水辺8

今回のテーマは『それぞれの水辺を楽しむ!』でした。

それぞれ思い思いに水辺で、まったりと楽しむ!

ふれあいの岸辺で、マットを敷いてゆっくりお酒を飲んでる人や、

穏やかな河の流れを見てる人、

音楽を楽しんでいる人に、

夜景を楽しんでいる人、

そして、子どもと船に乗ってる親子などなど。

参加して下さった一人一人の人々が、

水辺の風景の一部として溶け込み、すばらしい絵が描けました。

もちろん自分も水辺を満喫できて、何より満足!!

参加して下さったみなさんに感謝です。

舞台裏から      ふれあい     天満2

  
   船         もちきり         船の上

ブログランキングに参加してます
ランキングの順位は、各バナーから見れます!!
 
 ↓TOP10入り!?↓       ↓参加中!!↓        ↓ポチっとな!!↓ 
           人気ブログランキングへ         にほんブログ村 本ブログへ
                      メインページへRunningBook33.gif
Read and Release at BookCrossing.com... すばらしい本に出会ったら!! Let's BookCrossing!!
                 
    22:00 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

500円が高いか安いかではなく、500円の商品が高いか安いか!


シネマクロッシング3.2
~ブッククロッシング(BookCrossing)したい本orチャボ(Chabo!)本~


★読む目的 !
現場の中身を探る!

★読書方法
並列読書

★メインブランチ
『はじめに』 『バリュー』 『サービス』 『おわりに』 

★INPUT  
 ・スタバの豆の故郷は、主にラテンアメリカやアフリカ、東南アジア。農家が収穫した豆をろースティングされ、日本に空輸される。この長いリレーで、最後のバトンを受け取り、お客さんに商品を手渡しするのが、現場の人間の役割。いい加減なサービスをすると全てが台無しになる。  
 
 ・責任を持って価値あるサービスを提供できれば、そのコーヒ―は、かかわるすべての人にとって価値ある一杯になる。お客様に心から満足していただくには、サービスにどれだのバリューを乗せられるかどうかである。バリューは味だけでなく、店の雰囲気やサービス全体。 
 
 ・ブランドとは、『お客さんがどう感じているか』の集積。『コーヒーが美味しい・センスが良い』『サイズの表記(ショート、トール、グランデ)』『スタバを知らない・嫌い』も、ブランドを構成する要素。『知ってもらう』『好きになってもらう』『おぼえてもらう』ためのアクションを積み重ね、提案しブランディングしていく。
 
 ・『継続は力なり』力があれば継続できるのではなく、継続していくうちに、努力・実力・忍耐力という力がついてくるというとこ。大切なのは『転ばないようにする』ことではなく『自分からどんどん転んでいく』こと。
 
 ・一人一人がそこに居場所を感じ、自分のやるべきことを見つけたときに、人は一番輝く。そして、輝いている人に、人は魅力を感じて集まってくる。そうして仲間を作り、世の中にムーブメントを起こし、たくさんの人を幸せにしていく。これが飲食ビジネスの醍醐味。   

★ウガンダの感想  
 コーヒーに意外と合うのがタバコ。昔スタバは分煙だったのですが、途中から全面禁煙になったそうです。なぜならコーヒーは活性炭で、新鮮な豆が煙を吸い込むからです。コーヒーに対する徹底的なこだわりによって、全面禁煙になったのです!それなら喫煙者も納得ですね!

★一言で言うなら  
『コーヒー豆を売ってるのではなく、コーヒー豆を通して夢を売ってる!』

★OUTPUT  
 ・スタースキル(全世界共通)身につける①相手の話を真剣に聴き、理解する努力を怠らない②仕事に誇りを持ち、さらに自己を高める意欲がある③困った時は助けを求める。
 スタバのサービスの基本を身につける①接する②気づく③対応する 
 
 ・オペレーションをやる人間にとって必要なのは『気力』『体力』をベースに、『知恵』を積み重ねること。気力はマインド(お客様に笑ってもらいたい・おいしいコーヒーを作りたい)で、体力はスキル(日々の勉強)、知恵はナレッジ(どうすれば作業の効率化が図れるか)。  
 
 ・リーダーシップに不可欠な5つのKを身につける①謙虚②肯定的③向上心④価値観⑤感性  
『自分はリーダーだ』と意識することではなく、周りから『彼はリーダーだ』と思ってもらえるようになることが重要。  
 
 ・上司の顔を見て仕事をしない。お客様の方をしっかり向いて行動する。①お客様の言ってることに耳を傾ける②そのニーズをちゃんと分かち合う③できるだけお客様の立場やニーズを踏まえて『Yes』と言えるようにする。 
 
 ・現場を輝かせる。現場でパートナーがキラキラと輝いて仕事をしていれば、そのビジネスは基本的にうまくいくから。

★ブッククロッシング(BookCrossing)したい度  
『★★★☆☆』


ブログランキングに参加してます
ランキングの順位は、各バナーから見れます!!
 
 ↓TOP10入り!?↓       ↓参加中!!↓        ↓ポチっとな!!↓ 
           人気ブログランキングへ         にほんブログ村 本ブログへ
                      メインページへRunningBook33.gif
Read and Release at BookCrossing.com... すばらしい本に出会ったら!! Let's BookCrossing!!
                 
    22:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

Bitte Institut

Author:Bitte Institut
『ブッククロッシング』を知ってますか??

ブッククロッシングとは『世界中を図書館に!』を合言葉に『本』を『旅』させる活動です!!

自分はブッククロッシングの活動を通して『ウガンダ』を探してます!!

『ウガンダ』に関する情報をお持ちの人は、是非ともご連絡を!!

カテゴリー
R+
ブログランキング!!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
↑参加してます♪↑ RunningBook33.gif
ブッククロッシング・ジャパン
お勧め本!!
ウガン棚(Booklog)


リンク(BookCrossing&本つながり)
友達の応援お願いします
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2009年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


お気軽にどうぞ!!
『bitteinstitut☆gmail.com』までどうぞ(☆は@に変換です)!※このサイトはリンクフリーです!