ブッククロッシングとウガンダとチャボ! (No Book,No Life!世界中を図書館に!)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加してます
ランキングの順位は、各バナーから見れます!!
 
 ↓TOP10入り!?↓       ↓参加中!!↓        ↓ポチっとな!!↓ 
           人気ブログランキングへ         にほんブログ村 本ブログへ
                      メインページへRunningBook33.gif
Read and Release at BookCrossing.com... すばらしい本に出会ったら!! Let's BookCrossing!!
                 
    --:-- | Top

クリーニングに関して


OOSAKA2.jpg
★INPUT★
 ・クリーニングに関するトラブルは①変退色35%②破損19%③シミ11%
 ・変退色と破損の原因は、汗や垢と摩擦が多い
 ・素材→テキスタイル→アパレル→販売→消費者→クリーニング:どこの過程で、問題が
  あるのか判明するのは、なかなか難しい(ブラックボックス化)
 ・色は基本、赤・青・黄の3色で構成されている。それ以外の色は、全て3色の組合せで
  構成されている。ポリエステルは、赤色が抜けやすい。青は紫外線に弱い。
 ・ポリウレタンは2~3年が寿命。製造年月日は不明なため、購入する際は寿命を念頭に
 ・染料と顔料の違いに注意。染料は、繊維と繊維が手を組みあわさっている。それに対
  して顔料は、接着剤でつけいるだけ。はがれやすいので、クリーニングに出すと一気に
  色が変わる場合があるので注意が必要。
 ・ドライクリーニングは、石油系洗剤を使用する。水を使って行う洗濯に比べ、あぶら(油脂
  系)汚れをよく落とします。衣類の型崩れや縮みを起こしにくい。汗などの水溶性の汚れ
  は落ちにくい。家庭では絶対に出来ない。ドライクリーニングが、可能な素材なのかどう
  かをよく注意する必要がある。
 ・ウェットクリーニングとは、ドライクリーニングをすべき衣類を水を使って、洗浄する方法。
  ドライクリーニングでは、汗などの水溶性の汚れやシミは、取り除くことは苦手。よって
  理想はドライクリーニングしてから、ウェットクリーニングしたほうがよい。
 ・ランドリーは、家庭洗濯と同じで水を使用するが、大きく違うのは『お湯』を使うこと。
  ワッシャーという専用の洗濯機で、衣類の素材や汚れに適した温度をかけて、専用の
  洗剤や助剤 (アルカリ剤)などを加えて洗う。また、たたき洗いといって、家にある乾燥
  機のように、たて方向にくるくると回転するので生地も傷みにくい洗い方をしている。

★マイキーワード・雑学★
 ・日本とEUの服に関する価値観の違い。日本は色あせないもの、型が崩れないもの。
  ヨーロッパでは、例えブランド物でも『縮むもの、色あせるもの、汚れるもの』が当たり前
 ・日本とヨーロッパでは、気候が違うため洋服の洗濯には注意が必要(日本は雨量が多
  く、湿気が多いため汗を多くかく。ヨーロッパの服は、そこまで考慮していない)。
 ・クリーニングは、シーズン開始前に出すのではなく、シーズン終了後に出すべき。汚れ
  が付着したまま保管すると、汚れは落ちにくいため
 ・クリーニングに関するトラブルの中には、業者に問題があるのではなく、消費者に問題
  がある場合がある(クリーニングすることで、問題が表面化する)。
 ・防虫剤のガスは、空気より重いのでかならずタンスの上段に置く

ブログランキングに参加してます
ランキングの順位は、各バナーから見れます!!
 
 ↓TOP10入り!?↓       ↓参加中!!↓        ↓ポチっとな!!↓ 
           人気ブログランキングへ         にほんブログ村 本ブログへ
                      メインページへRunningBook33.gif
Read and Release at BookCrossing.com... すばらしい本に出会ったら!! Let's BookCrossing!!
                 
    20:10 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://bookcrossing.blog46.fc2.com/tb.php/463-9ecb6dda
プロフィール

Bitte Institut

Author:Bitte Institut
『ブッククロッシング』を知ってますか??

ブッククロッシングとは『世界中を図書館に!』を合言葉に『本』を『旅』させる活動です!!

自分はブッククロッシングの活動を通して『ウガンダ』を探してます!!

『ウガンダ』に関する情報をお持ちの人は、是非ともご連絡を!!

カテゴリー
R+
ブログランキング!!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
↑参加してます♪↑ RunningBook33.gif
ブッククロッシング・ジャパン
お勧め本!!
ウガン棚(Booklog)


リンク(BookCrossing&本つながり)
友達の応援お願いします
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お気軽にどうぞ!!
『bitteinstitut☆gmail.com』までどうぞ(☆は@に変換です)!※このサイトはリンクフリーです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。