ブッククロッシングとウガンダとチャボ! (No Book,No Life!世界中を図書館に!)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加してます
ランキングの順位は、各バナーから見れます!!
 
 ↓TOP10入り!?↓       ↓参加中!!↓        ↓ポチっとな!!↓ 
           人気ブログランキングへ         にほんブログ村 本ブログへ
                      メインページへRunningBook33.gif
Read and Release at BookCrossing.com... すばらしい本に出会ったら!! Let's BookCrossing!!
                 
    --:-- | Top

ブッククロッシング(BookCrossing)したい本orチャボ(Chabo!)本


OOSAKA2.jpg

★読む目的
上流顧客向けのサービスを知る!

★読書方法
並列読書

★メインブランチ
『はじめに』 『上流』 『中流』 『おわりに』 

★INPUT
  ・いかに高度なおもてなしが提供されても、その対価を払う人がいないと、企業はサービ
   スの品質を維持することはできない。高度なサービスは、人件費を含めて、決して無料
   ではない。

  ・価格訴求を売り物にする業態でセルフサービスが成立するのは、企業がコストを省いて
   いることを顧客が理解し容認しているから。顧客は過剰なサービスを求めない。

  ・企業が自社の優位性をどこで発揮するかによって、顧客への接客や提供するサービス
   品質は変わる。どこでも誰もが、手にすることができる安価な商品を扱う業態では、価
   格が決め手となり、特別に高度なサービスを提供する必要はない。

  ・日本で5億円以上の純金融資産を保有してる世帯は約6万世帯。1億以上5憶未満は
   約72万世帯。総世帯は4900万世帯なので、全体の約1.6%。金融資産が100万$
   以上は134万人(日本の人口の1%)で、アメリカの255万人に次ぐ2番目の多さ。

  ・感動は人から与えられるもので、自分から生み出せないと勘違いしない。受け身でし
   か物事を考えられない人は、人に感動を提供する行為や行動を思いつけない。自分
   自身で感動する体験を持つこと。
  
★ウガンダの感想
 ハイエンドサービスについて書かれています。上流顧客をターゲットとしたサービスを企
業の例にそって説明されています。一般向けサービスとの違いが分かるので、読むだけで
も価値はあると思います!

★一言で言うなら
 『本当の感動を体験すべし!』

★OUTPUT
  ・顧客満足を最大化しようとしてサービスレベルを向上させても、サービスが価格に反
   映できる商品や事業でないと、収益向上には結びつかないことを理解する。

  ・社員の給料は、経営者が支払っているのではなく、顧客が支払ってくれていることを
   忘れない。

  ・上流顧客は二回目以降から、常連客として自分だけの特別なもてなしを期待する。
   ※少数相手で高額な専門店を利用する人に多い。量販店やファーストフードでは×。

  ・サービスは人がするものだという固定概念に、とらわれないようにする。例えば、書店
   の店員ではできないが、アマゾンでできるサービス。『この本を買った人はこの本も購
   入しています』などの情報案内サービス。

  ・ハイエンドサービスの顧客特性を把握する①要求レベルは高いけど、相応にお金を
   支払う意思のある人②セレブのもてなしを受けたい人(非日常のサービスを体験・利
   用してみたい)※本当に価値がわかり、お金を支払ってくれるかどうか。この点を踏ま
   えないと、企業努力は報われず、収益にも結び付かない

★BookCrossingしたい度
 『★★★☆☆』

★関連本・紹介されてる本


ブログランキングに参加してます
ランキングの順位は、各バナーから見れます!!
 
 ↓TOP10入り!?↓       ↓参加中!!↓        ↓ポチっとな!!↓ 
           人気ブログランキングへ         にほんブログ村 本ブログへ
                      メインページへRunningBook33.gif
Read and Release at BookCrossing.com... すばらしい本に出会ったら!! Let's BookCrossing!!
                 
    23:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://bookcrossing.blog46.fc2.com/tb.php/677-3e3e96bf
プロフィール

Bitte Institut

Author:Bitte Institut
『ブッククロッシング』を知ってますか??

ブッククロッシングとは『世界中を図書館に!』を合言葉に『本』を『旅』させる活動です!!

自分はブッククロッシングの活動を通して『ウガンダ』を探してます!!

『ウガンダ』に関する情報をお持ちの人は、是非ともご連絡を!!

カテゴリー
R+
ブログランキング!!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
↑参加してます♪↑ RunningBook33.gif
ブッククロッシング・ジャパン
お勧め本!!
ウガン棚(Booklog)


リンク(BookCrossing&本つながり)
友達の応援お願いします
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お気軽にどうぞ!!
『bitteinstitut☆gmail.com』までどうぞ(☆は@に変換です)!※このサイトはリンクフリーです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。