ブッククロッシングとウガンダとチャボ! (No Book,No Life!世界中を図書館に!)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加してます
ランキングの順位は、各バナーから見れます!!
 
 ↓TOP10入り!?↓       ↓参加中!!↓        ↓ポチっとな!!↓ 
           人気ブログランキングへ         にほんブログ村 本ブログへ
                      メインページへRunningBook33.gif
Read and Release at BookCrossing.com... すばらしい本に出会ったら!! Let's BookCrossing!!
                 
    --:-- | Top

鏡よ、鏡よ・・・。


シネマクロッシング3.2
~No Book, No Life !! ブッククロッシング(BookCrossing)したい本!!~

★読む目的 !
自分の心の中を探る!

★読書方法
並列読書

★メインブランチ
『はじめに』 『鏡の法則』 『必然の法則』 『おわりに』 

★INPUT  
 ・鏡の法則
 人生の現実は、自分自身の心を映し出した鏡。現実に起きる出来事は、1つの『結果』。『結果』には必ず『原因』あり。その原因は、その人の心の中にある。人生と言う鏡のおかげで、私たちは自分の姿に気づき、自分を変えるきっかけを得ることができる。  
 
 ・必然の法則
 人生で起こるどんな問題も、何か大切なことを気付かせてくれるために起こる。偶然ではなく、起こるべくして必然的に起こる。自分に解決できない問題は決して起こらない。  
 
 ・女性の場合、父親に対して取ってきたスタンスが、ご主人に対してのスタンスに投影されることが多い。  
 
 ・人生の問題を根本的に解決するには、自分の心の中の原因を解決する必要がある。自分の心の中を変えないで、相手の状況が変わってくれることばかりを、期待してもダメ。現実の中でベストを尽して行動しながら、同時に心の中も変えていくことが大事。  
 
 ・人間こ行動の動機は、大きく分けると2種類。『喜びを味わいたい』か『苦痛を避けたい』かである。相手の行為が正しいか間違っているかを考えずに、その行為の動機に意識を向ける。例え相手の行為が『間違っている』場合でも、裁かず相手の未熟さや不器用さや弱さとして理解する。   

★ウガンダの感想  
 親との関係があまり良くない自分のとっては、色々と考えさせられた一冊です。不仲であればあるほど、のめり込む気がします。読んでいると、自然と涙が・・・。おやじ――――、ごめんよ――――!!

★一言で言うなら  
『心の中の原因が、結果として現実化する!』

★OUTPUT  
 ・何事も前向きで愛のある取組をする
 『あの問題が起きてよかった。そのおかげで・・・』と言えるように、前向きで愛のある行動をとる。  
 
 ・『ありがとうございます!』
 毎日、両親や周りの人に対して、心の中で『ありがとう』と言う言葉を唱える時間を持つ。感謝する時間を作る。  
 
 ・『ゆるす』を選択する  
 『ゆるせない』というのは、過去の出来事に執着して、誰かを責めている心の状態。『ゆるせない!』と誰かを責めているときは、やすらぎを感じることができない。過去の出来事に縛られ、やすらぎに満ちた人生を放棄したことになる。つまり『ゆるす』というのは、過去の出来事へのとらわれを手放し、安らぎを選択すること。 

 ・まずは自分をゆるす
 誰かのことをゆるせない自分をゆるす(自己受容)。自己受容ができてくると、人をゆるす余裕も生まれる。  
 
 ・親との関係を見直す
 親との関係は、さまざまな人間関係に投影されるので、心の底で親と和解することは、たくさんの恩恵をもたらす。だから、ありったけの勇気を振り絞って、感謝の言葉や謝る言葉を伝えてみる。


ブログランキングに参加してます
ランキングの順位は、各バナーから見れます!!
 
 ↓TOP10入り!?↓       ↓参加中!!↓        ↓ポチっとな!!↓ 
           人気ブログランキングへ         にほんブログ村 本ブログへ
                      メインページへRunningBook33.gif
Read and Release at BookCrossing.com... すばらしい本に出会ったら!! Let's BookCrossing!!
                 
    22:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://bookcrossing.blog46.fc2.com/tb.php/820-840fd937
プロフィール

Bitte Institut

Author:Bitte Institut
『ブッククロッシング』を知ってますか??

ブッククロッシングとは『世界中を図書館に!』を合言葉に『本』を『旅』させる活動です!!

自分はブッククロッシングの活動を通して『ウガンダ』を探してます!!

『ウガンダ』に関する情報をお持ちの人は、是非ともご連絡を!!

カテゴリー
R+
ブログランキング!!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
↑参加してます♪↑ RunningBook33.gif
ブッククロッシング・ジャパン
お勧め本!!
ウガン棚(Booklog)


リンク(BookCrossing&本つながり)
友達の応援お願いします
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お気軽にどうぞ!!
『bitteinstitut☆gmail.com』までどうぞ(☆は@に変換です)!※このサイトはリンクフリーです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。