ブッククロッシングとウガンダとチャボ! (No Book,No Life!世界中を図書館に!)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加してます
ランキングの順位は、各バナーから見れます!!
 
 ↓TOP10入り!?↓       ↓参加中!!↓        ↓ポチっとな!!↓ 
           人気ブログランキングへ         にほんブログ村 本ブログへ
                      メインページへRunningBook33.gif
Read and Release at BookCrossing.com... すばらしい本に出会ったら!! Let's BookCrossing!!
                 
    --:-- | Top

名著!!


シネマクロッシング3.2
~No Book, No Life !! ブッククロッシング(BookCrossing)したい本!!~
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
創元社
発売日:1999-10-31


★読む目的 !
人間関係について学ぶ!

★INPUT  
 ・心理学者B.F.スキナーによると、良いことをした時に褒美をやった場合と、間違った時に罰をあたえた場合とをくらべると、前の場合の方がはるかによく物事を覚え、訓練の効果が上がることを実証した。心理学者ハンス・セリエ曰く、『人は他人からの賞讃を強く望んでいる。そして、それと同じ強さで他人からの非難を恐れる』とのこと。人を非難するのは、天に向かってつばを吐くようなもの。  
 
 ・心理学者フロイトによると、人間のあらゆる行動は、2つの動機から発する。1つ目は性の衝動。2つ目は偉くなりたいという願望。心理学者ウィリアム・ジェームス曰く『人間の持つ性情のうちで最も強いのは、他人に認められれることを渇望する気持ちである』とのこと。  
 
 ・米国の心理学者オーヴァストリート教授によると、『人間の行動は、心のなかの欲求から生まれる。だから、人を動かす最善の方法は、まず、相手の心のなかに強い欲求を起こさせることである。商売においても、家庭、学校においても、人を動かそうとする者は、このことをよく覚えておく必要がある。これをやれる人は、万人の支持を得ることに成功し、やれない人は、一人の支持者を得ることにも失敗する
 
 ・ウィーンの心理学者アルフレッド・アドラーによると、『他人のことに関心を持たない人は、苦難の人生を歩まねばならず、他人に対しても大きな迷惑をかける。人間のあらゆる失敗はそういう人たちの間から生まれる』アレクサンダー・ポープ(イギリスの詩人)曰く『教えないふりをして相手を教え、相手が知らないことは、忘れているのだといってやる』  
 
 ・『意見の不一致を歓迎せよ二人の人間がいて、いつも意見が一致するなら、そのうち一人はいなくてもいい人間。思い及ばなかった点を指摘してくれる人がいたら感謝しなければならない。重大な失敗をあらかじめ防ぐきっかけをつくってくれているから。不快な状況に直面した時、まず現われてくるのは、自分の立場を守ろうとする本能。自分自身の最悪の人柄が突出し、最善の人柄がかくれてしまう   

 ・人を説得して何かをやらせようと思えば、口を開く前に、まず自分にたずねてみる。どうすれば、そうしたくなる気持ちを相手に起こさせることができるか?成功に秘訣と言うものがあるとすれば、それは、他人の立場を理解し、自分の立場と同時に、他人の立場からも物事を見ることのできる能力である。

★ウガンダの感想  
BCJPのメルマガに感想は書きました!

★一言で言うなら  
『人を動かすには、人の心を動かすしかない!』

★OUTPUT  
 ・人を動かす原則実施
 ①批判も非難もしない。苦情も言わない非難する代わりに、相手を理解するよう努める
 ②素直で、誠実な評価を与える重要感を持たせる  
 ③強い欲求を起こさせる人の立場に身を置く。自己主張は人間の重要な欲求の1つ。
 
 ・人に好かれる6原則実施
 ①誠実な関心を寄せる:相手の関心を引こうとするよりも、相手に純粋な関心を寄せる  
 ②笑顔を忘れない疲れた者にとっては休養、失意の人には光明、悲しむ者には太陽、悩める者には解毒剤
 ③名前を覚える繰り返し呼んで覚える
 ④聞き手にまわる:求められてないのに、勝手に解決策を言ったりしない
 ⑤関心のありかを見抜く:人の心をとらえる近道は、相手が最も深い関心を持っている問題を話題にすること
 ⑥重要感を与える:常に相手に重要感を持たせる。重要な人物になりたいという願望は人間の最も強い欲求

 ・人を説得する12原則実施 ~その1~
 ①議論をさける議論に勝つ最善方法は議論を避けること。議論に勝っても負けても、その人の意見は変わらない  
 ②誤りを指摘しない他人の考えを変えさせることは、最も恵まれた条件の下でさえ、大変な仕事。人説得したければ、相手に気づかれないようにやること
 ③誤りを認める自分に誤りがあるとわかれば、相手のいうことを先に自分で言ってしまう。そうすれば、相手は寛大になり、こちらの誤りをゆるす態度になる
 ④おだやかに話す:相手を自分の意見に賛成させたければ、まず自分が相手の味方だとわからせること。おだやかな態度で、うちとけた態度を示す
 ⑤Yesと答えられる問題を選ぶ話す時は、まず意見が一致している問題から始め、それを絶えず強調しながら話を進める
 ⑥しゃべらせる味方をつくりたかったら、友に勝たせること。成功者はたどってきたいばらの道を回想したがるもの

 ・人を説得する12原則実施 ~その2~  
 ⑦思いつかせる人から押し付けられた意見よりも、自分で思いついた意見のほうを、われわれは、はるかに大切にする
 ⑧人の身になる自分に対する強烈な関心と、自分以外のものに対するいいかげんな関心とを比較せよ。人を扱う秘訣は、相手の立場に同情し、それをよく理解すること
 ⑨同情を持つ:人間は一般に同情を欲しがる。子供は傷口を見せたがる。大人も同様。相手の考えや希望に対して同情を持つ
 ⑩美しい心情に呼びかける:人間はだれでも理想主義的な傾向を持つ。自分の行為については、美しく潤色された理由をつけたがる
 ⑪演出を考える単に事実を述べるだけでは不十分。事実に動きを与え、興味を添えて演出しなければならない
 ⑫対抗意識を刺激する:成功者はみなゲーム好き。自己表現の機会が与えられから。優位を占めたい欲求、重要感を得たい願望、これらを刺激する

 ・人を変える9原則
 ①まずほめる
 ②遠まわしに注意を与える:人の気持ちや態度を変えようとする場合、ほんの一言の違いが、成功と失敗の分かれ目になることがある
 ③自分のあやまちを話す自分自身の誤りを認めることは、人を変える役に立つ
 ④命令をしない:命令でなく、暗示を与える。自主的にやらせ、失敗によって学ばせる。命令を質問のかたちに変えると、気持ちよく受け入れられ、相手に創造性を発揮させることもある
 ⑤顔をたてる:相手が間違っていても、その顔をつぶすことは、相手の自尊心を傷つけるだけに終わる
 ⑥わずかなことでもほめる批判によって、人間の能力はしぼみ、励ましによって、花開く
 ⑦期待をかける
 ⑧激励して、能力に自信を持たせる
 ⑨喜んで協力させる


ブログランキングに参加してます
ランキングの順位は、各バナーから見れます!!
 
 ↓TOP10入り!?↓       ↓参加中!!↓        ↓ポチっとな!!↓ 
           人気ブログランキングへ         にほんブログ村 本ブログへ
                      メインページへRunningBook33.gif
Read and Release at BookCrossing.com... すばらしい本に出会ったら!! Let's BookCrossing!!
                 
    10:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://bookcrossing.blog46.fc2.com/tb.php/832-72032880
プロフィール

Bitte Institut

Author:Bitte Institut
『ブッククロッシング』を知ってますか??

ブッククロッシングとは『世界中を図書館に!』を合言葉に『本』を『旅』させる活動です!!

自分はブッククロッシングの活動を通して『ウガンダ』を探してます!!

『ウガンダ』に関する情報をお持ちの人は、是非ともご連絡を!!

カテゴリー
R+
ブログランキング!!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
↑参加してます♪↑ RunningBook33.gif
ブッククロッシング・ジャパン
お勧め本!!
ウガン棚(Booklog)


リンク(BookCrossing&本つながり)
友達の応援お願いします
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


お気軽にどうぞ!!
『bitteinstitut☆gmail.com』までどうぞ(☆は@に変換です)!※このサイトはリンクフリーです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。