ブッククロッシングとウガンダとチャボ! (No Book,No Life!世界中を図書館に!)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加してます
ランキングの順位は、各バナーから見れます!!
 
 ↓TOP10入り!?↓       ↓参加中!!↓        ↓ポチっとな!!↓ 
           人気ブログランキングへ         にほんブログ村 本ブログへ
                      メインページへRunningBook33.gif
Read and Release at BookCrossing.com... すばらしい本に出会ったら!! Let's BookCrossing!!
                 
    --:-- | Top

ヒノキの棒!!


シネマクロッシング3.2
~No Book, No Life !! ブッククロッシング(BookCrossing)したい本!!~
99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ
99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ

★読む目的 !
仕事のコツを探る!

★INPUT  
報連相は早め早めにする
 仕事ができる人は、常に早めに動く人。報連相の注意点は、自分と相手には情報格差があること。上司は多くの案件を抱えているため、急に本題に入ると『何の件?』となるので、情報格差を埋めること。理想は『例の件』『あれ』で通じるぐらい、普段から毎日コミュニケーションをとること!  

  ・エレベーターブリーフィング
 アメリカの大統領が核戦争などの緊急事態になったときに、エレベーターで地下の核シェルターに降りる3分間をいかに有効に使うか、という命題にマッキンゼー社が回答したのが語源。
主旨を伝える
選択肢を伝える
判断のポイントを伝える
結論を伝える
確認とアクションの確認をする
相手は『うん。うん。』と頷いているだけの状況にするのが理想。  

・『KISS(Keep It Short & Simple)』を心がける  
 ビジネス文章は、『短く』『単純に』。パワーポイントは、『ワンスライド、ワンメッセージ』。ポイントは3つにまとめる。上司に判断を仰ぐ際、ひと手間をかけたかどうかで、あなたの印象は大きく変わる。 

メールのコツ
①メール本文で一番読まれるのは『P.S.(追伸)』部分
②スクロールを強要する長文メールは、読まれない典型例
③空白と文字の配分は3:7。必ず結論を先に書く。  
④見た瞬間に返信する。仕事のメール内容は、大半その場で判断できるものが多い。後回しにする理由やメリットはない。圧倒的なスピード対応は、人に感動を与え好感につながる。ただし、感情が高ぶってるときに書くメールは、一晩寝かした方がベター!
 
1つの行動に2つ以上の目的を持たせる
 ローマ帝国の礎を築いたユリウス・カエサルは、常に1つの行動に2つ以上の目的を持たせていたとのこと。ポイントは『意識的に行う』こと。結果的にそうなっているでえはなく、『この時間を、別の何かに有効活用できないか』と常に意識的に心がけるべし!

★ウガンダの感想  
 今の時代努力するのは当たり前!努力しても報われないこともしばしば。努力の対象や、やり方を間違えないためにも、仕事のコツや知恵をつけんといけませんなぁ~!

★一言で言うなら  
会社で生き抜く武器を身につけろ!

★OUTPUT  
報連相のしかたを工夫する
 伝えられる情報量と、レスポンスの速さから考えると、優先順位は『対面』→『電話』→『メール』の順。対面は、自分のところまでわざわざ足を運んでくれたという信頼につながる。判断を仰ぐ時は『選択肢はA、B、Cですが、○○という理由でAがいいと思います。どうでしょうか?』とする!  

根回しをする
 会議を成功させるためには、根回しは立派な事前準備。根回しは2つの効果あり
誤解の回避:自分の意図を事前に参加者に伝えることで、誤解にもとづく当日の反対を回避できる
会議の充実:各自の本音を事前に把握することができ、当日の議論の充実を図れる  
  
ホワイトボードを使う
 優秀な人の特徴は、若手中堅ベテランに限らず、議論の最中に立ちあがってホワイトボードに書きはじめる。言葉だけのやり取りだけでは、議論が前に進まないため。討論が落ち着いたら『それで、アクションはどうしましょう?』と発言し、アクションプランをまとめるべし!  
 
相手のプロフィールに興味を持つ
 出身地や趣味は常に覚える。人間の面白いところは、何か新しい案件が発生すると、親しくない誰かよりも親しい人に頼む。日常的なコミュニケーションが、新しい仕事、新しいチャンスを生むきっかけになる。  
 
ときには逃げる
 ときにはその環境から逃げてもよい。『逃げる』は、挫折や敗北を連想しがちだけど、退却や撤退は立派な戦術・戦略の1つ。一旦離れ別のチームに入って異なる形でトライもできるし、別の場所で自分の能力を高める努力をし、巻き返しを図ることも1つの手。最悪は、我慢し精神的、肉体的につぶれてまうこと。


ブログランキングに参加してます
ランキングの順位は、各バナーから見れます!!
 
 ↓TOP10入り!?↓       ↓参加中!!↓        ↓ポチっとな!!↓ 
           人気ブログランキングへ         にほんブログ村 本ブログへ
                      メインページへRunningBook33.gif
Read and Release at BookCrossing.com... すばらしい本に出会ったら!! Let's BookCrossing!!
                 
    17:05 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://bookcrossing.blog46.fc2.com/tb.php/885-0ec9c6cf
プロフィール

Bitte Institut

Author:Bitte Institut
『ブッククロッシング』を知ってますか??

ブッククロッシングとは『世界中を図書館に!』を合言葉に『本』を『旅』させる活動です!!

自分はブッククロッシングの活動を通して『ウガンダ』を探してます!!

『ウガンダ』に関する情報をお持ちの人は、是非ともご連絡を!!

カテゴリー
R+
ブログランキング!!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
↑参加してます♪↑ RunningBook33.gif
ブッククロッシング・ジャパン
お勧め本!!
ウガン棚(Booklog)


リンク(BookCrossing&本つながり)
友達の応援お願いします
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お気軽にどうぞ!!
『bitteinstitut☆gmail.com』までどうぞ(☆は@に変換です)!※このサイトはリンクフリーです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。