ブッククロッシングとウガンダとチャボ! (No Book,No Life!世界中を図書館に!)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加してます
ランキングの順位は、各バナーから見れます!!
 
 ↓TOP10入り!?↓       ↓参加中!!↓        ↓ポチっとな!!↓ 
           人気ブログランキングへ         にほんブログ村 本ブログへ
                      メインページへRunningBook33.gif
Read and Release at BookCrossing.com... すばらしい本に出会ったら!! Let's BookCrossing!!
                 
    --:-- | Top

ほんまに『写ルンです』!?


シネマクロッシング3.2

窓のない暗黒の部屋の壁面に小さな穴をあけると、
反対側の壁面に外の景色が映し出される。

これを応用して、日食の観察を行ったり、絵画の下絵を
描く目的に使われた道具が、カメラ・オブスキュラである。

16世紀には、小穴の代わりにレンズを用いて、より鮮明な像が
得られるようになり、反射鏡によって箱の上面に像を結ばせるようにした
小型のカメラ・オブスキュラが作られた。

これは絵画における遠近画法の確立に寄与したと言われている。

これがカメラの原理である。

もともとの語源であるラテン語では、『camera』 は「小さな部屋」を意味し、
のちに政治や財政を司る「部屋」(官房・国庫)などと意味が拡大した。

英語の『 camera』 は「暗室」を意味し、ここから転じて、
現在の日本語でいうカメラを意味するようになった。
(wikipediaより引用)

自分が初めて手にしたカメラは『写ルンです』!

最近ではまだあるのかどうか知らないが、
いわゆる使い捨てカメラである。

(当時デーモン小暮がよくTVCMしてた初期の頃の『写ルンです』)

1個で24枚程度しか撮る事ができず、バックパッカーで
海外旅行に行くときはいつも5,6個の『写ルンです』を
リュックに詰めたもんである。
(ぶっちゃけ、リュックに詰めるパンツの枚数より多い!!)

珍しい建物や風景があれば『パシャ!!』
興味がある遺跡やオブジェに出会えば『パシャ!!』

目新しい物が溢れる海外では、撮りたいという欲求を抑制できず、
あっという間にフィルムがすぐに足りなくなってしまう次第。

旅先で撮った写真は、日本に帰国しカメラ屋に持って行くまで、
どんな仕上がりになっているか確認することもできず、そしてまた、
出来上がるまでがいつも待ち遠しかった。

現像後
『何これ!!!目つぶってるやん!!』
『逆光やん!!』
『被写体ちっちゃ!!!』
『おもっきりブレてるやん!!』
などなど。
『写ルンです』あるあるのオンパレードで後の祭りである。

もっと早くにデジタル化が進んでいたら、
良かったのになぁ~とつくづく思う…。

今ではカメラ自体どんどんと小型かされ、
ほとんどの携帯電話に内臓されている。

フィルムもデジタル化され、撮れる枚数は昔と比べようのない
ほどに増え、おまけに撮ってはすぐに確認できる便利な時代!!

カメラも日々進化しているなぁ~と、ほんま最近よく気付かされる。
その最たる例が、2週間ほど前に検査を受けた『胃カメラ』。

小さなパイプ状のカメラを口から挿入し、自分の体内をリアルタイムに
見ることができるのだから、ぶっちゃけ驚きである。

昔やったらどうしてたんやろか??
胃の中に『写ルンです』を突っ込んでたのかな(笑)!?

胃カメラの撮影が終り『ホッと』と思いきや、
明日(正確には今日)は、な、なんと『ケツカメラ』。

もちろんお尻に『写ルンです』を突っ込むわけではない!!

人の撮りたいという願望は、一体どこまでも続くのやら…(笑)。

最新デジカメ選び2013 増補版 (Gakken Camera Mook)
最新デジカメ選び2013 増補版 (Gakken Camera Mook)

いきなり上手くなる!プロのデジカメ写真術
いきなり上手くなる!プロのデジカメ写真術

ブログランキングに参加してます
ランキングの順位は、各バナーから見れます!!
 
 ↓TOP10入り!?↓       ↓参加中!!↓        ↓ポチっとな!!↓ 
           人気ブログランキングへ         にほんブログ村 本ブログへ
                      メインページへRunningBook33.gif
Read and Release at BookCrossing.com... すばらしい本に出会ったら!! Let's BookCrossing!!
                 
    00:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://bookcrossing.blog46.fc2.com/tb.php/901-d72386a3
プロフィール

Bitte Institut

Author:Bitte Institut
『ブッククロッシング』を知ってますか??

ブッククロッシングとは『世界中を図書館に!』を合言葉に『本』を『旅』させる活動です!!

自分はブッククロッシングの活動を通して『ウガンダ』を探してます!!

『ウガンダ』に関する情報をお持ちの人は、是非ともご連絡を!!

カテゴリー
R+
ブログランキング!!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
↑参加してます♪↑ RunningBook33.gif
ブッククロッシング・ジャパン
お勧め本!!
ウガン棚(Booklog)


リンク(BookCrossing&本つながり)
友達の応援お願いします
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


お気軽にどうぞ!!
『bitteinstitut☆gmail.com』までどうぞ(☆は@に変換です)!※このサイトはリンクフリーです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。