ブッククロッシングとウガンダとチャボ! (No Book,No Life!世界中を図書館に!)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加してます
ランキングの順位は、各バナーから見れます!!
 
 ↓TOP10入り!?↓       ↓参加中!!↓        ↓ポチっとな!!↓ 
           人気ブログランキングへ         にほんブログ村 本ブログへ
                      メインページへRunningBook33.gif
Read and Release at BookCrossing.com... すばらしい本に出会ったら!! Let's BookCrossing!!
                 
    --:-- | Top

Yes or No !?


シネマクロッシング3.2
~No Book, No Life !! ブッククロッシング(BookCrossing)したい本!!~

★読む目的 !
世界で通用する話し方とは!?

★INPUT  
『話せばわかる』という日本流のコミュニケーションは時代遅れ
 日本人の価値観や生活スタイルは多様化され、お互いの共通認識が少しずつ崩れてきている。日本以上に様々なバックグランドと価値観を持つ人間がひしめく海外では、『相手に伝わるように工夫することで、初めて伝わる』   
7つの基本ルール
①多様性:お互い違うのが当たり前
②リスペクト:相手の価値観を尊重することから始める
③リアクション:会話ではできるだけ『間』をつくらない
④理由:『なぜ』好きか、『なぜ』嫌いかをはっきりさせる
⑤主張:言いたいことは必ずその場で口に出す
⑥二者択一:返事には『イエス』か『ノー』しかない
⑦自立:自分で自分のスタンスを決める  
 
異なる価値観を持つ人間同士が協力するには
①仕事の目的:国籍人種は違えど、顧客に最高のサービスを提供するという同じ目的意識で強く結ばれる
②リスペクト:『違い』は単に『異なる』である。『違い』は『間違い』ではない。意見が自分と違うだけであって、決して相手が間違っているのではない。『違い』をネガティブではなく、ポジティブにとらえよ。  
 
その場で口に出す
 その場で出なかった意見、質問はなかったものとされる。付帯条件をきちんと挙げたうえで、条件つきでイエス、ノーをはっきり言う人が高く評価される。イエス、ノーとはっきり答えれない場合は、判断材料が不足していると伝えること。どのような情報が不足しているか具体的に話すこと。  
 
上司の指示は3つのポイントでチェック
①整合性:上司の指示が他の指示と矛盾していないか
②実行可能性:文字通り実行可能かどうか
③トレードオフ:指示通りに仕事をすると、他の仕事に影響が出る可能性があるか   

★ウガンダの感想  
 R+(レビュープラス)さんから頂いた献本です!いつもありがとうございます。欧米人にとって教育は、子供を自立させること。自分なりの意見をしっかりと持ち、自分で自分の立場を決めることができるようになることだそうです。単に人に同意するのではなく、自分で主体的に物事を考えて、理由をつけて同意する。だから何でもあんなにはっきりモノが言えるのですね…。理由もなくペラペラ話してる自分は、とても欧米ではやっていけましぇ~ん!

★一言で言うなら  
『なんにでも理由をつける!』

★OUTPUT  
突っ込み話法
 言いたいことをためらわず、小さなコメントや質問をバシバシ口に出す。大事なのは『間髪入れず』という点。これが会話のリズムを保つために有効。だんだんと相手の話に反応し、切り返すのが上手になってくる。
 
What makes you different?(あなたはどこが違うの?)
 これは自己紹介でアピールポイントを聞くときの決まり文句。『違い』は『間違い』ではなく、尊重すべき差異や個性。他者と自分との違いを答えれるようにする  
 
隣の見知らぬ人と話す
 飛行機などである程度の時間を一緒に過ごすことになれば、お互い敵意がないことを示し、共に過ごす時間を快適なものにするため、話しかける。黙っていては、好意を持っているのか、敵意を持っているのかわからないため。  
 
資料を正しく読む
 会議の資料を『読む』とは『読んで』『理解して』『説明して』『質問に答えられる』ということ。何回も読み、業界のバックグランドを調べ、わからなければ上司に聞く。そして提案者の論点を整理し、相手の主張や根拠、理由をとらえ、自分なりの意見を持って、質問できるレベルにすること。  
 
理由を述べる癖をつける
 なぜそう思うのか、という理由の部分にその人らしさ(価値観)が一番出る。逆に理由がないと、共感できる判断材料が無いので、共感をえれない。

ブログランキングに参加してます
ランキングの順位は、各バナーから見れます!!
 
 ↓TOP10入り!?↓       ↓参加中!!↓        ↓ポチっとな!!↓ 
           人気ブログランキングへ         にほんブログ村 本ブログへ
                      メインページへRunningBook33.gif
Read and Release at BookCrossing.com... すばらしい本に出会ったら!! Let's BookCrossing!!
                 
    13:11 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://bookcrossing.blog46.fc2.com/tb.php/916-78d1ebce
プロフィール

Bitte Institut

Author:Bitte Institut
『ブッククロッシング』を知ってますか??

ブッククロッシングとは『世界中を図書館に!』を合言葉に『本』を『旅』させる活動です!!

自分はブッククロッシングの活動を通して『ウガンダ』を探してます!!

『ウガンダ』に関する情報をお持ちの人は、是非ともご連絡を!!

カテゴリー
R+
ブログランキング!!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
↑参加してます♪↑ RunningBook33.gif
ブッククロッシング・ジャパン
お勧め本!!
ウガン棚(Booklog)


リンク(BookCrossing&本つながり)
友達の応援お願いします
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お気軽にどうぞ!!
『bitteinstitut☆gmail.com』までどうぞ(☆は@に変換です)!※このサイトはリンクフリーです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。